芸能

吉本興業が宮迫氏らの謝罪会見を頑なに拒んだ本当の理由があきらかに…

吉本興業の所属芸人らが行った反社会的勢力への闇営業の実態と、宮迫氏、田村亮氏らが行った会見を頑なに拒んだ吉本興業の真意が明らかにされており話題となっています。

 

吉本興業が宮迫氏らの謝罪会見を頑なに拒んだ理由とは?

ことの発端とされているのは、吉本興業自身が、反社会勢力企業がスポンサーに名を連ねるイベントにタレントを派遣したこととされています。

宮迫さんは、今回の闇営業を斡旋した入江慎也さんから問題となっている反社会勢力のフロント企業への「直営業」を持ちかけられた際、吉本のイベントのスポンサーだから大丈夫。と言われたと会見で明かしました。

これについて吉本興業岡本社長は、

「当該イベントは吉本興業の製作ではなく、都内のイベント会社が主催した。その会社の依頼を受けてタレントを派遣した。いろんなタレントが出演するイベントだったが、そのイベントのスポンサーの一つが特殊詐欺グループのフロント企業だった」

と明かしています。

岡本社長は、「チェックが甘かった」「非常に反省している」と語りました。

吉本興業主催ではないにしろ、吉本興業がタレントを派遣したイベントのスポンサーであったから、宮迫さんらは出席しても大丈夫だと思われたと想像できます。

ここが、吉本興業が宮迫さんらが行った記者会見を頑なに拒んだ理由なのです。

ギャラをもらっていないと言っていた宮迫さんらが、嘘でしたと白状して一日も早く謝罪会見で洗いざらい話して、世間に詫びたいと訴えてきたところで、謝罪会見を認めてしまえば、今回の騒動の発端となっている

「吉本興業が反社系イベントにタレントを派遣したこと」

という事実がバレてしまうことになります。

そうなってしまうと、元カラテカの入江さんに全ての罪を押し付け芸能界追放したこととの整合性が取れなくなってしまいます。

今回の騒動では、宮迫さんたちの「嘘をついてしまったことを世間のみなさんに謝罪したい」という気持ちと、吉本興業の「反社系イベントにタレントを派遣した会社」と知られるのが困るという気持ちがぶつかり、このような複雑な騒動になっていっているのです。

会社に話を通さず反社系のイベントに出席した宮迫さん、また、所属タレントとのマネジメント契約も結ばず、チェックがうまくいかず反社系イベントにタレントを派遣したことがある吉本興業どちらも問題があると言えますね。

極楽とんぼの加藤さんや、ダウンタウンの松本さん、明石家さんまさん、引退した島田紳助さんらも動いている今回の騒動ですが、今後どんな形で収束していくのか気になりますね。