話題

日産会長のカルロス・ゴーン逮捕のニュース!思わぬところまで影響が出てしまう…。

日本の自動車メーカー日産で会長のカルロス・ゴーン氏逮捕のニュースが思わぬところにまで影響を及ぼしていると話題になっています。

カルロス・ゴーンとは?

カルロス・ゴーン(64)は、フランスの自動車メーカールノーの取締役会長兼CEOにして、日産自動車の会長、三菱自動車工業の会長を務めている。

ブラジルの出身で両親はレバノン人である。

「コストキラー」「ミスター調整(FIX IT)」などの異名を持つゴーンは、日産再建に向け社員とともに「日産リバイバルプラン」を作成、短期間で日産の経営立て直しを果たし、2003年にフォーチュン誌は、彼を「アメリカ国外にいる最強の事業家の一人」と称している。

しかし、2018年11月19日、開示されるゴーン自身の報酬額を少なくするため、長年にわたり実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載したとして、金融商品取引法違反容疑で、代表取締役グレッグ・ケリーとともに逮捕される。

他にも会社の投資資金を不正に支出したり、経費を私的に利用していた疑いがあるという。

日産自動車は11月22日に召集する取締役会議でゴーンを会長職から解任する方針を発表している。

カルロス・ゴーン逮捕はこんなところにも影響が!!

1 2